登録支援機関
在留資格管理と申請
RAKUVISAで完結します

登録支援機関のための
コンプライアンスの遵守と利便性を両立した、
日本で初めてのオンラインビザ申請システム

登録支援機関の皆様へ

こんなお悩み
ありませんか?

法令違反と知りつつも
社内で申請書類を作成して
取次を行っている

行政書士に依頼をしているが
個別の進捗状況が分からず
費用も高額

支援企業ごとの
過去の申請データや関連書類が
一元管理できていない

そのお悩み、全て
RAKUVISAで解決できます!

RAKUVISAとは?

登録支援機関、所属機関(外国人本人)、行政書士の
3者によるオンラインビザ申請システムです。

登録支援機関はリアルタイム管理と申請依頼ができ、
申請は行政書士が行うためコンプライアンスも完璧
本人と所属機関には意思確認と即時通知で全員が進捗を把握できる

  • 特定技能1号
  • 特定技能2号
  • 特定活動
  • 技人国
  • 介護
  • 定期報告

RAKUVISAが提供する
ソリューション

申請にかかる費用
1件9,800円

RAKUVISA上からダイレクトに入管庁へ
オンライン申請ができるため
申請までの手間を大幅にカットできます

申請にかかる時間を
最大で98%カット

行政書士が申請データを生成して
安心安全な申請を実現します

オンライン完結

署名機能や管理に申請まで
すべてオンラインで完結します

コンプライアンスを遵守した支援の実現

行政書士法と入管法を遵守した
適切な登録支援機関業務をサポート

クライアントの
採用手法の多様化へ

RAKUVISAでは特定技能2号に、
技人国、介護、特定活動まで、
あらゆる就労資格の申請が可能です

LTVの向上

特定技能1号の支援に留まらず、
多様なコンサルティングサービスを
登録支援機関として展開が可能です

RAKUVISA導入の
費用対効果

よくある管理ツールではなく、"申請"までできるのはRAKUVISAだけ

他のサービスでは管理までしかできなかった課題を解決。
圧倒的にラクで低コストな申請が実現できます!

導入コスト

RAKUVISA for TSKの申請1名あたり
                    9,800円で
                    申請を実現!

申請時間

RAKUVISAで申請すると、外国人1名あたり
                   1.5時間で完成!2人目以降20分!

RAKUVISAの
特徴的な機能

新規・変更・更新申請

すべての在留資格と手続きを雇用主・登録支援機関・行政書士の3者が協力してオンライン申請可能

就労資格全般

技人国に特定技能2号、介護に特定活動まで幅広い就労系在留資格の申請が可能

多言語翻訳
多言語翻訳

多言語翻訳

特定技能1号書類は翻訳必須の書類について、すべての書類が自動多言語対応済

行政書士が申請
行政書士が申請

行政書士が申請

行政書士が申請内容を確認し、申請データを生成して、電子署名を施したうえでオンライン申請を実施

専門家にいつでも相談

チャットでいつでも専門家に相談可能なので、書類についてはもちろん、採用前の相談なども可能

オンライン日本語学習

オンライン日本語学習サービスRAKUVISA ACADEMYをオプション利用可能

料金

申請利用料は所属機関にお支払い頂きます

月額基本料金

月額 10,000

申請利用料

1申請 9,800

RAKUVISAについて
さらに詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

Q 登録支援機関だけで書類作成と申請取次をすることは違法ですか?

はい、違法とされております。入管庁のページ内でも警告がなされています。

Q 本人確認はどうやってするんですか?

RAKUVISAでは犯罪収益移転防止法で定められた本人確認(ホ形式)に準拠するeKYCで本人確認を行います。本人しか持ちえない公的な書類と本人の容貌画像を合わせてご提出して頂きます。

Q 原本は送らなくてもいいんですか?

はい、オンライン申請ではPDF形式で申請しますので原本をお送りいただく必要はありません。

Q RAKUVISAで本当に正しく申請できますか?

特定技能1号はもちろん、技人国や経営・管理などの就労資格に加え、家族滞在や日本人の配偶者等など身分系資格まで多くの申請実績がございます。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

専門スタッフがさらに詳しくご説明いたします